SEO対策の難しさ

SEO対策は、上位表示を目指したいキーワードがなければ必要はありません。
一般的には外部に依頼すると数十万円~数百万円もかかるSEO対策は、高い知識とノウハウが必要不可欠です。しかし、コストを掛けた分だけ成果が保証されるものでもありません。費用対効果については各企業によって目的が異なるため、判断はそれぞれの立場で測る必要があります。検索エンジンの約8割がGoogleのシステムが占めているため、実質的にはGoogle対策が本当の『SEO対策』とも言われています。昨今は、Webサイトの『質』が重要視され、より高いコンテンツでなければ上位表示が難しいのが現状です。まずは、上位表示を目指したいキーワードを考えることからスタートします。

SEOのメリットと目的とは

SEO対策

インターネットの普及によって、Webマーケティングの重要性が高まりつつあります。日々変化する検索アルゴリズムに対する対応も必要です。既存顧客のみならず、新規の見込み顧客にアプローチすることで認知度や企業価値の向上を図ることが可能となります。

SEO対策には、アクセス解析ツールが必要不可欠です。検索クエリ・検索回数・ユーザー特性などを確認します。ユーザーの訪問経路であるチャネルを分類ごとに確認することが出来るため、サイトのリニューアルや記事のリライトなどに活用することができます。

SEO対策とは

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った略称で、検索エンジンの最適化を意味します。ユーザーが検索するクエリ(know・go・buyなどのキーワード)に対して、ニーズを満たすための価値ある情報(コンテンツ)を提供します。GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、所有するWebサイトが上位に表示されるように対策することを意味します。

協調スニペットとは

Google では、ユーザーが検索するクエリに対して最適な回答が含まれているページをアルゴリズム(システム)が判断して、上部に表示することを強調スニペットと言います。一番上に表示されることによって、信頼度の高いサイトとしてクリック率の増加に繋がります。ただし、順次変動型のため表示が固定されることはありませんが、表示されている間は高い集客効果が見込まれます。

なお、下記は弊社が運営する『おかきソムリエのブログ』で、おかきの糖質ってどれくらいだろうと疑問を抱いた方が「おかき 糖質」と検索した場合、強調スニペットに表示されている一例です。参考になれば幸いです。

強調スニペットの表記例

SEO対策について

SEO対策は、無料サービスでのサポートは対象外です。有料サービスをご利用の場合、アドバイスは基本的には無料ですが、コンテンツの作成などについては別途有償となります。また、サイト設計はプログラムや構造によってリニューアルが必要な場合がございます。

内 容無料サービスの場合有料サービスの場合
キーワード選定なしあり
コンテンツ作成なしあり※1
サイト設計なしあり※2
※1.コンテンツの作成は内容によって価格は異なります。※2.サイト設計はWeb制作会社によるリニューアルが必要な場合がございます。

SEO対策に重要なこと

弊社が、クライアント様にサポートする項目のなかで最も難しいのがSEO対策です。大きく分けると『外部対策』と『内部対策』に分類されます。オウンドメディア運営の場合、まずは内部対策が基本になります。ただ単に商品情報や文章を記述するだけでなく、クローラーに対して的確かつ適切な方法で評価を得るための対策を考える必要があります。

タイトルをはじめ、キーワード・文章構成・レイアウト・文字数・画像・動画などを意識することが必要不可欠です。SEO対策によるメリットは費用対効果が高いことが挙げられますが、デメリットとしては効果が表れるまでに相当の時間を要することです。

リスティング広告(有料広告)の即効性を重視する方法もありますが、中長期的にみた場合、コスト負担が継続してしまう点とコンテンツによる資産化が行えないなどの側面もあり、どちらを選択するかはそれぞれの企業次第ということになります。

弊社では、できるだけコストを抑えながら上位表示を目指して、自然検索(オーガニック検索)での流入を目指す方法をアドバイスさせて頂いております。ご興味がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

注)SEO対策は、様々な対策による相乗効果によって成果が得られるため、一部の対策のみでは高い効果は見込めません。また、アルゴリズムの変化によって順位が大きく変動することがあります。あらかじめご理解の上、ご利用をお願い致します。

サポートサービスは、推奨品の認定サービスをご利用のクライアント様のみご利用いただけます。あらかじめご了承ください。